夏場の保湿ケアと化粧崩れ

夏場の保湿ケアは化粧崩れを抑えることが大切

あぶらとり紙

暑い季節はとにかく汗をかいてしまい、また皮脂の出方がひどくなるので化粧崩れがひどくなることに悩んでいました。

 

私は通年乾燥肌ではありますが、夏場に乾燥肌対策として保湿ケアをすると、使ったスキンケアアイテムによっては化粧崩れを招いてしまうこともあります。

 

化粧崩れを防ぐスキンケアアイテム

 

夏場の朝メイクをする前のスキンケアアイテムについては、使用するアイテムを減らしてクリーム1つのみを使用して汗や皮脂による化粧崩れを予防するようにしています。

 

ただしアイテムを減らしてしまう分、保湿はきちんとできていないので、夏場なのに乾燥が気になってしまいます。

 

化粧品自体はもともとアレルギーがあり、使えるものが少ないのであえて別のものに変えたりすることはありません。

 

私の夏のメイク崩れは他の人よりも明らかにひどい状態であり、特に外にいる時間が長かったりすると夜にはメイクをしているのかどうかもわからないくらいに崩れてしまうこともあります。

 

そのため夏場は通常ベースメイクをBBクリーム1つでやっているものを、その上に崩れを防止するためのパウダーを使用して少しでも化粧崩れを予防できるように工夫しています。

 

また他の時期はメイク直しを1日1回しかしないのですが、夏場は汗をかいた状況があるとこまめに鏡を見るなどして頻繁にメイクが落ちたところを直すようにしています。

 

夏場の日焼け対策としては、顔にも体にも日焼け止めクリームを使用しています。

 

顔についてはもともと使用しているBBクリームにUVカット機能は付いているのですが、それだけでは物足りなく感じてしまい、メイクをする前に薄く日焼け止めクリームを使用するようにしています。薄く塗る理由はやはり化粧崩れに影響が出そうだと思うからです。

 

以前は日焼け止めクリームを使用しておらず、長時間外にいた時には顔が赤くなるなどUVカットの効果を実感していなかったのですが、日焼け止めクリームを使用して以降は、同じように外にいても日焼けをすることがほとんどなくなったので、きちんとした日焼け止めクリームを使わないといけないのだと思いました。

 

今多くの女性が帽子や服、日傘などで完全に日焼けをしないように気を遣っているようですが、完全に防備することについてはアンチエイジングにつながることからもちろん構わないと思っています。

 

ただ私自身は外でスポーツをする機会もあることから日焼けの完全防備は無理だと思っており、真っ黒にならない程度に予防できたらいいと思っています。


エイジング化粧品ランキング

美容サプリランキング